読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

輝きの向こう側はまだ遠すぎて(後編・アイマスSSA感想)

DAYS

そういえば「アイマスシリーズファン」としてのくるぶしさんをあまりエイプリルフール以外でブログに書いたことがないのですけれど、僕のアイマス歴というとアーケードとかゼノグラシアとかその頃にはまだ知識程度のアレしかなくて、結局ニコニコ動画で触れたPVをきっかけとし、08年6月の「24時間アイマスTV」をうっかり見続けてしまい(ニコニコ生放送とか予約投稿機能とかがまだなかった頃の企画である)(ちらちら見てたのは07年ぐらいからだけど)、そこから変に凝り固まったアイマス生活が始まってしまった訳でして(3rdライブはレポートで読んだ、4thはニコ生中継見てた)……というわけで前回の続きです。(どうてもいいけど、大百科見てたら積極的に活動しているPも変化してるな……)


もう先週になりますが、行って参りましたよさいたまスーパーアリーナ開催「THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2014」。……とはいえ2日間通い詰めたにもかかわらず、当初はそんなに積極的じゃなかったのも事実だったりします。おそらくそれは僕自身がアイマスそのものに対して若干疲れみたいなものを感じてしまったからだと思うのです。結構好きなものを好きで居続けることと言うのは難しく、アニマスもリアルタイムで100%追っかけられている訳ではないんですよね(なぜか15話だけはニコ生待機した)。それは決してつまらなかったからではなくて、僕自身が重度の面倒くさがり屋だからに他ならないのですが、アニマス直後の7thAnniversaryライブ横浜2日間はなんとしても行かねばならないと思い一気に詰めました(アイマスライブ歴そのものは6thツアー東京会場が初めてで、その前にもその後にもアーティストのライブは行ったことがないものですから(強いて言えば学生時代にアマバンライブのバイトをちょこっとしたぐらい)、参加歴そのものがない僕が積極的になってしまうというのは自分でも珍しいことだったと思います)。そして迎えた横浜、それから翌年2月の幕張ライブ(と、その横でやってたデレラジワンフェス出張版ミニライブ)をもって、なんというか一度燃え尽きてしまった感じだったんですね。よって、8thのライブツアーは元々申し込んでいませんでしたし(Thank You!!買えなかったしね)、ライブビューイングがなければライブを見ることもなかったでしょう。盛岡で8th横浜と幕張は見させていただきましたが、今回のさいたまも実はそこまで積極的では、と思いつつベスト盤とデレマスCD封入の応募券をイープラスに投げ込んだら上手い具合に日曜日取れてしまったので。さらに運良く土曜日のチケットも友人より譲っていただけることになり、1年半ぶりのライブ連日参加となりました。


とはいえ、「3rdや5thのライブレポを記憶する限り、アイマスが2daysでやるときは日曜日になんかぶっ込んでくるんだよなー(7thの時はなかったけど)」という予感は実はあって(土曜夜にはガミPの予告もありましたし)、ここで「765プロラストステージ」ぐらいの爆弾落としてくるかもしれないなー、そういうスタッフだし、という不安もありつつ、日曜日に焦点を絞りつつ参加してきた訳です。物販がいつにも増してひどいとかはもうバンナム公式アンケートに書き連ねたので割愛。もう会場限定やめたら? ぐらいのことは書いたと思う。


で、最初に感想を一言で述べるなら。


「いやー、アイマス民、ほんとうにばかだろう!(笑)」


といった感じの大満足のステージとなっておりました。……なんというか言葉にしづらいな。何しろTwitterやblogで既に皆さんが語り尽くしている感じがするし、僕が今から言うのも野暮な気がしてならないんですけれども。舞台そのものは全体的に見やすくて(時々2階席にスポットライトが直撃するのでそれがまぶしいと言えば玉に瑕かな)。愛美さんと青木瑠璃子さんの引き語り×エアギターの競演、「クールな繋がりとは」と題する今井麻美さんからのフリに「汽車ぽっぽ」と大まじめに答える福原綾香さんにそこから二人と一緒に汽車ごっこを始める田所あずささん(「これクールかなー?」byミンゴス)(ちなみに2日目は明らかに時間が押していたらしく、小ネタする暇もなく「歌いたい気分!」と言い張って焦るかのようにスタートした模様)、いちまんろくせんにんが日曜の夜に働きたくないぞとかウサミン星人決起集会とか始めてしまったり、大舞台と言うこともあってかうっかり感極まって泣いてしまったり、初日はスムーズに行ったはずの中村繪里子さんが二日目は思わず「サイパン……さいたまスーパーアリーナ」と噛んでしまったり、もちょはもちょだったり、もよちーはもよちーだったり、たかはしちあきんぐの至近距離からの風格だったり、「自転車」で平田宏美さんに「みんなただいまー!!」って言われたら「おかえりぃぃぃぃぃーーーーー!!!!!」って応えるしかないでしょうがあああああ!!!!(壊)


そして極めつけはこちら。


2日目同様、Alice or Guiltyからの"HELLO!!"繋がりでメドレータイムは滞りなく過ぎると思ってみたら明らかに雰囲気が(僕は2日目はアリーナのセンターステージすぐそばにいて、正面舞台を見るときは逆向きにならねばならなかったので、そのときはちょうどセンターの沼倉愛美さん、福原さんを見ていたのでした)。そしてどこか懐かしい歌声と同時にスクリーンに現れる日高愛戸松遥の文字。いやこれほんとおれたちをいったいどうするきだ。そこには確かに、4th以来4年半ぶりにアイマス公式ライブの舞台に現れていただいた戸松さんの姿でした。むしろ前にも後にも難しいんじゃないかなぁ(プリキュアになっちゃったし)(いやそれ言ったら黒沢ともよさん前作のプリキュアOP歌手だし)と思っていたので、ここまでやるかアイマス! と思っていました。8thの時にもうっすらと感じていましたが、「7thで多分アイマスは頭打ちだろうなぁ」という感覚を抱いていた僕の目は節穴だったのかなぁ、という。言い換えれば、アイマスというコンテンツがここまで大きくなったのだという意味合いなのだろうと思います。規模が大きくなることと自分が好きな方向に行くかというと必ずしもそうではないのは分かってはいるんですが(僕も前から明言しているとおり、「アイマスの方向性」については異論はないけれど、「アイマスの商品戦略」はむしろ嫌いなので積極的に与する気は100%は無い、少なくともPS版アイマスを買うかと言われると現時点で答えはNoです。箱○版2発売時にPS3版発表されてたら、まず間違いなく箱○アイマス2一緒に買ってS4Uちょっとだけやって放置とかしなかったよ!(いやそれは言いがかりだろう)(とはいえ極度のゲームアレルギーの僕がゲーム機ごとゲームを買ってみたはいいが、実際にプレイするモチベーションが得られなかったってのは周りの評価とか買った直後に震災が起こってそれどころじゃなくなったとかなんで精神的に参ってるのにアイマス2のギスギスした人間関係を見てさらに心身を摩耗させねばならないのかとかいうマイナス要素を乗り越える体験が出来なかったこともあって未だに「ゲームとしてのアイマス」にはどちらかというと手を取りにくくはあるんですけれども)。ただ、こういう形で物語は続いている、というのが見えてくるってのは有り難いですね。



そういえば感想を書きつつふと今回のセットリストで各楽曲の初出ってどの辺なんだろうと気になりました。

結果。

  • アーケードより(歌マスなど):2曲
  • 箱○版追加曲(ごまえ等):2曲
  • MA1追加曲(L4U配信、キラメキラリ等):4曲(メドレー部のみ)
  • ML追加曲(L4U配信):1曲(my songのみ)
  • MS追加曲(SP期、乙女大志他):5曲
  • DS:1曲("HELLO!!"、但し2日目のみフル)
  • アイマス2~MA2追加曲(ざわわん等):5曲
  • アニマス~SF追加曲(READY等):8曲
  • シンデレラ追加曲:15曲
  • ミリオン追加曲:17曲
  • アイマスch~劇場版:5曲
  • 2日間合計曲数:66曲(のべ曲数は82曲)

 

出演者構成上デレマスミリマスの新世代楽曲や劇場版新曲が目立つのは仕方ないのですが、結構MASTER SPECIAL曲がそれぞれの十八番として今回歌われているのが何とも言えません*1。しかし2日で66曲か……多いな……そりゃライブ時間最長記録更新するわ!(2日目全日程終了後、時計を見て周りのPと大爆笑したのはいい想い出。)曲別に見ると結構まんべんなく扱われている印象がありますね。

しかし、アイマスは今後どうなんだろう、というのは気になっております。前述の通り、正直「アイドルマスターのナンバリングタイトル」を積極的にプレイするか? と聞かれると今はそのつもりはないなぁ、としか答えようがない訳で。じゃあなんでアイマスで何かやりたいと思ってるのか、というのは自分でも分かってないんですよね。声優ユニットアイドルマスターのファンなのかな、というのが多分一番近いスタンスなのかもしれません。その辺がコアなプロデューサーの皆さんとの違いなんだろうなぁ、うーん……未だに自分のスタンスが分からない。なんというか、具体的に言葉にしにくいんですよ、アイマスに対する感情って。言いたいことのひとつでも言えればいいと思うけど、今回のSSAが7thの最高到達点の更新で多分ここが打ち止めだとネガティブなことを考える自分がいれば、この先もっとすごいものを持ってきてくれそうな。パンフで中村さんが言っていたとおり「ドームですよ、ドーム!といってしまうと、ドームで打ち止めになってしまいそう」というのは多分どこかで感じていて、この先ってなんだろう、というのは漠然と考えています。


しっかしここまで読み返してみると褒めてるんだかそうじゃないんだか分かんないですね。文章では何ともしがたい部分がどっかにあるんで、その辺は適当にTwitterで呟いたり呟かなかったりするかも。少なくともあの体験をもう一度とは思っていますよ。むしろ劇場版で味わえなかった感動をここに来てがつんとやられたというか、なんというか、輝きの向こう側に帰りたいというかまだたどり着いていないのさこの男坂を……!というか(わけがわからないよ)。とかく、なんかアイマスについてはちょっとしゃべり足りなくもあるし(ネガティブなことはさっき話したので、世界観の分析的な話とか、歴史的な話とか、放置してある「アイマスカノッサ」で何をしようとしていたのか、とか)もうちょっとだけ話を続けようかなぁと思います。とか……って後編じゃなかったのかよ!(つづく)(たぶん)

*1:気づいたと言えば、ALRIGHT*が元々は長谷優里奈さんが雪歩役だった頃の曲なので、浅倉さんが歌うにあたり「あずみん!」とコールが入るのに違和感があると言う方がいらっしゃる理由が分かった気がします